城山接骨院、礒谷療法所、びっこ治療、歩き方改善、股関節、膝関節 

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニアとは、髄核が繊維輪を突破し脊柱管内や神経根部分を圧迫し、腰痛や下肢の痛みが出現します。

画像の説明

一般に「ヘルニア」とは髄核が外に出てくることを言います。
原因は、はっきりしたことが解っていませんが、遺伝的要因や労働による影響、スポーツや喫煙が発生の危険因子であるといった説が言われております。

患者さんは「ヘルニア」と聞くと、とんでもない病気にかかったと思うかも知れませんが、手術をしなくても突出した髄核は自然消失しますし、保存的手技療法が確立しているものでもあります、

手術適応の目安は、排尿障害と神経麻痺があるときには適応となります。

当院では、礒谷療法を中心とした施術で、

1、膝かかえ 膝かかえ

2、腰枕   腰枕    

3、膝の屈伸体操膝屈伸体操

を指導し、自宅でも自分で改善させていく事を指導して改善させていきます。

最初は、この屈伸体操が痛みのために、なかなかできませんが、数ができるようになってくると、体操のしやすさと比例して、痛みやしびれが改善されてきます。

富山県から来られていた腰椎椎間板ヘルニアの患者さんは、膝屈伸を8000回するとどこにも痛みがなくなると言っていました。

そして翌日には、また激痛としびれがあり、また8000回屈伸をして痛みとしびれが消失する、

これの繰り返しで、徐々に5000回で改善、3000回で改善、500回で改善、

最後は膝かかえのみで激痛としびれが取れるようになりました。

   そんなに膝屈伸の体操をしなければいけないの?

と思わないでください。

痛みやしびれのある人は、仕事ができなかったり、夜寝れなかったりで、時間はたっぷり有るはずです。

難治性の傷病が、自分の努力で改善され、手術もしなくて良いのであれば最高だとおもいますが、どうでしょう。

総合計:3440今日:4昨日:2

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional