城山接骨院、礒谷療法所、びっこ治療、歩き方改善、股関節、膝関節 

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症について

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症(腰部脊柱管狭窄症)の原因

脊柱管狭窄症とは、文字通り脊柱管が、何らかの原因で狭くなり、その結果、神経や血管を圧迫するために起こるものと説明しました。

では、なぜ脊柱管が狭くなるのか(狭いのか)? 脊柱管狭窄症の原因を、下記にあげてみます。

・先天性脊柱管狭窄症 生まれつき脊柱管が狭く、脊柱管が正常より狭く成長したものが原因

・後天性脊柱管狭窄症 すべり症により脊柱管が狭くなったもの、椎間板ヘルニアなどによる合併狭窄、腰椎への手術などにより狭窄したもの、外症によるものなどが原因。 

成長途中で脊柱管に十分な広さが出来なかったものが原因。 中高年に多いことからも、加齢による病気や変性が原因。

などが、脊柱管狭窄症の原因としてあげられます。

脊柱管狭窄症と聞くと、あの、みのもんた さんを思い出します、みのさんは手術で対処されました、でも狭くなった脊柱管が原因であれば、その患部である脊椎部に疼痛がでるはずです。

ですが実際には、股関節周辺や臀部周囲にしびれや、痛みが出ることがほとんどです。

現代医学では、脊柱管が加齢とともに脊柱管がせまくなり、神経を圧迫するので痛みやしびれが出るといわれていますので、多くの高齢者などにももっと出現する確率が高くなるはずなのに、実際には30歳代の方もかかっています。

筋肉に疲労がたまり、だんだんと凝ってくると最初はいわゆる疲労感や凝り感のみを感じます。しかしそれが進むと次に痛みやしびれを感じるようになります。

疼痛やしびれの原因は、すべてが神経ではないのです。筋肉の硬さや血流の悪化が原因で痛みやしびれを出すこともあるのです。

この筋肉に出来た懲りや、血流障害を股関節を中心にほぐして、バランスの良い体を、今一度作り直す必要があるのです。

当院では、礒谷療法を中心とした施術で、

1 日常動作の矯正方法(成人の場合) 

起き方、寝方、歩き方、角の曲がり方、椅子の座り方、お尻の拭き方、正座の仕方等々説明指導いたします。

2、 自宅矯正方法

1、膝かかえ 膝かかえ

2、腰枕   腰枕    

3、膝の屈伸体操膝屈伸体操

脊柱管狭窄症の患者さんは、年々増えている感じがします、患者さんを診ていて、一番多い症状は、起床時の疼痛と長く歩けない事が挙げられます。

不思議と狭窄症の原因である、脊椎に痛みのある人はほとんどいないのです。

これは必ずしも、原因が脊椎にあるのでは無いということだと考えられます。

当院では、まず電気療法を中心とした物理療法で、腰部と下肢の疲れと緊張をとり、身体のバランスを中心に正していきます。

##中には、バランスの関係で、背部の緊張が原因の方もいられました。

##

そして治療に際して大事なことは、血流を改善させて、それを維持させるように治していきます。

狭窄症の一番の治療方法は、

 1、  体全体の筋肉の緊張を改善させる。
     血流を改善させる事ができる「一時的」
  
 2、  身体のバランスを正す
    疲れが溜まらなく、一晩で疲れが取れる体を作る 

 3、  屈伸体操で、身体の軸を完全なものに武装していく

これらの項目を一緒に、指導しながら、屈伸の足の位置を変化させながら、治していきます。

しっかりと通っていると、自分の体の癖を覚えるので、風邪の時の足の位置、生理痛の時の足の位置、偏頭痛の時の足の位置など、

対処の仕方も一緒に覚えられますので、最初は治療法として、治ったら予防医学として応用できるようになります。

椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニアとは、髄核が繊維輪を突破し脊柱管内や神経根部分を圧迫し、腰痛や下肢の痛みが出現します。

画像の説明

一般に「ヘルニア」とは髄核が外に出てくることを言います。
原因は、はっきりしたことが解っていませんが、遺伝的要因や労働による影響、スポーツや喫煙が発生の危険因子であるといった説が言われております。

患者さんは「ヘルニア」と聞くと、とんでもない病気にかかったと思うかも知れませんが、手術をしなくても突出した髄核は自然消失しますし、保存的手技療法が確立しているものでもあります、

手術適応の目安は、排尿障害と神経麻痺があるときには適応となります。

当院では、礒谷療法を中心とした施術で、

1、膝かかえ 膝かかえ

2、腰枕   腰枕    

3、膝の屈伸体操膝屈伸体操

を指導し、自宅でも自分で改善させていく事を指導して改善させていきます。

最初は、この屈伸体操が痛みのために、なかなかできませんが、数ができるようになってくると、体操のしやすさと比例して、痛みやしびれが改善されてきます。

富山県から来られていた腰椎椎間板ヘルニアの患者さんは、膝屈伸を8000回するとどこにも痛みがなくなると言っていました。

そして翌日には、また激痛としびれがあり、また8000回屈伸をして痛みとしびれが消失する、

これの繰り返しで、徐々に5000回で改善、3000回で改善、500回で改善、

最後は膝かかえのみで激痛としびれが取れるようになりました。

   そんなに膝屈伸の体操をしなければいけないの?

と思わないでください。

痛みやしびれのある人は、仕事ができなかったり、夜寝れなかったりで、時間はたっぷり有るはずです。

難治性の傷病が、自分の努力で改善され、手術もしなくて良いのであれば最高だとおもいますが、どうでしょう。

総合計:6638今日:9昨日:15

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional