城山接骨院、礒谷療法所、びっこ治療、歩き方改善、股関節、膝関節 

脚縛り健康法について

紐縛り健康法について

礒谷療法を主体に自宅で、矯正法を実施していただき、自宅では両脚をきつく縛って就寝するようにします。

      紐しばり就寝法

この紐縛りは、普通に考えると血行が悪くなって大変だと思うかもしれませんが、実際に寝てみると、両脚がすごく暖かく快適に寝れるようになります

画像の説明

両脚の縛って寝ると、脚が紐で締まってしまい、血行が悪くなるんじゃないかと思うでしょうが、実際に締まっているのは、両膝の外側であります、ここは毛細血管が通っているだけなので、心配は要りません。

腹部にある腹部大動脈から、二股に分かれ股関節の内側を通って、両脚の内股を通り、両膝の内側を通って、左右の親指に抜ける動脈があります。

これを大腿動脈と言いまして、腰から下に行く血管で、一番長くて太い血管です。

これが脚をきつく縛って寝ることによって、この血管が一直線上になり、捩れのない自然の状態となります。

ですから脈を打つように下半身全体が暑くなってきます、しっかりと縛って寝てください。

紐縛りになれれば、朝起きたときに格段に昨日の疲れが取れるので、旅行の時にも、実家に帰ったときのも、紐を持っていかないと心配になるようになってきます。

画像の説明

ホテルや旅館に宿泊するときには、紐を忘れたときには、浴衣の帯を使っても大丈夫ですが、芯が入っていないので、きつく縛り過ぎないように気をつけてください。

慣れれば、新幹線やバス、電車、飛行機に乗っているときのも使ってください、到着したときに身体の疲れが残っていないですから。

遠方から当院に夜行バスに乗られてくる患者さんがいられますが、椅子に座っての脚縛りを教えてあげると、朝、現地にバスが着いたときに、身体の疲れが溜まっていないので、すぐに動き回れると言われていました。

                       
画像の説明足縛り健康法

足縛り健康法 画像の説明

画像の説明

総合計:17866今日:9昨日:7

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional