城山接骨院、礒谷療法所、びっこ治療、歩き方改善、股関節、膝関節 

自分で努力して治す

自分で努力して治すとは

画像の説明

足を引きずるのは、怪我をしてしっかりとケアをしてこなかった方が多いです。

足首の捻挫をとってみても、捻挫が治っても、身体のバランスを正さずに直ぐにスポーツ競技に復帰したり、その場しのぎの治療をしてきませんでしたか?

特に歩きに影響を与える損傷(スポーツ障害・疲労・筋肉痛等など)の場合は、若い為に、少しの治療や休息でかなり楽になる為に、しっかりとしたケアをせず、復帰している学生が、本当に多いです。

「今、休むと次の試合に出れない」「レギュラーから外れてしまう」など気持ちは解りますが、その痛みの原因の殆どがストレス「疲労」が原因なんです、

今の指導者の多くは、素質のある選手がいる時に、クラブの実績を上げようとします、その子の将来はあまり関係がないと思っているように、私は感じております。

指導者に治療のために練習を早めに上がらせてと言うと、「おまえはそういうところがメンタル的に弱いんだ!」と怒号を浴びせられる選手も多いです。

本当に選手のことを考えれば、社会人になっても楽しく、スポーツや武道ができるように指導していくべきだと考えています、

小学生では、楽しさを覚え、中学生では体力を作り、高校生では、技術とテクニックを覚え、大学生や社会人で、華が咲くようにする、これが一番の理想だと思っております。

一流のアスリートや身体を資本「商売道具」としている芸能人などは、普通の医者よりも、身体に関して知識をもっています。

これらは小学生でも中学生でも、しっかりと自分の身体の状態と癖を把握しておかないと必ずどこかで、中断してしまいます。

自分の身体は自分が一番解っているのですから、せっかく怪我をしたのですから、しっかりと身体使いを覚えていきましょう。

総合計:2621今日:1昨日:3

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional