城山接骨院、礒谷療法所、びっこ治療、歩き方改善、股関節、膝関節 

陸上部の女の子のスネの痛み

陸上部の女の子のスネの痛み

短距離の女子選手がスネの痛みで来院されました、

三か月も前から徐々に痛みが出てきて、ひどい時には足を着いてだけでも、痛みが伝わってくるそうです、

この女性の今出現している症状は

[check]右すねの痛み、

[check]右足ソケイ部痛、

[check]右足首の捻挫癖、

[check]左肩の原因不明の痛み

などがあります、これらの症状と身体の歪から考えての原因を探っていきます、

この探る作業は、いつもですがその人の人生観が見えてきて、私は楽しみです、

城山接骨院の研修生からすれば、複雑で難しいと言ってますが、私は毎回毎回楽しみです、

それでは説明していきましょう、このブログを読んでいる方々も、自分で推測してみてくださいね、

画像の説明

先ず右すねの痛みですが、これは骨の疲労性骨障害であるための、局部的な炎症の為にでていて、原因があっての結果です、

次に右足ソケイ部の痛みですが、これは股関節の位置に関係があります、股関節の部分で開きすぎると、

骨頭が身体の前方に向くので、ソケイブの部分に負担が掛かります、これがソケイブの痛みになるのです、

したがってソケイブの痛みが有る方が、足がながくなっていますし、体重が掛かり辛い特徴があります、

体重がかかりづらくなると、骨盤がわき腹の腹斜筋で引っ張られて、骨盤が高くなり、足が長くなるのです

次の足首の捻挫癖は、今説明した側の足に出てい易い症状で、捻挫をするたびに股関節部が外側に捻じれ、同側の血流も悪くなってしまします

その結果、陸上の練習後にしっかりとした血流が期待できなくて、疲労がたまり、余計にシンスプリントになってしまうのです、

次は左肩の原因不明の痛みですが、原因が思い当たらないい場合は、殆どが身体の歪みか来ている場合が殆どです、

この女性選手は、普段左足に重心を掛ける癖があるので、日常動作である、

[check]お風呂に入る時は右足から入る

[check]ズボンを履く時は右足からはく

[check]階段やエスカレータに乗る時には、右足から乗る

これらの動作は姿勢から考えると、不安定な姿勢になります、

この時に、右足から動作をしやすい場合は、それだけ普段から、左足に体重がかかっているために、得意な動作となっているわけです、

これらの動作は、だれにも指導されず、黙々としやすい側からおこなっているのが、現実です

だから身体が歪んでいくのです、身体から考えると、左右対称なるように使って行ければ理想ですからね

城山接骨院では、これらの症状と身体の癖と歪みを加味して、治療方法を決定します

この女性選手はこれらのほかにも喘息が持病でありました、

右足に体重がかかりづらい方の特徴の一つに、循環器呼吸器系の障害が出やすいというのもあります、

ちょうどよかったのかもしれませんが、この選手は右足のシンスプリントが出た為に、一緒に喘息の調整も同じ施術でできてしまうので、良かったです、

筋肉の癖は三か月は消失しないので、頑張りましょう、自分でできる体操を教えますので、部活動は休まないで大丈夫です、

早くなおしましょう、一緒にですよ!!(^^)!

コメント



認証コード4953

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional