城山接骨院、礒谷療法所、びっこ治療、歩き方改善、股関節、膝関節 

子供の肘の脱臼癖

子供の肘の脱臼癖

三歳の女の子が手が抜けて来院しました、椅子から落ちて左上半身を下にして、落ちたそうです、

接骨院の受付に来た時には、まだ泣いておりませんでしたが、私を見るなり勢いよく泣き出しました、

この子は以前に肘内障で来院されたことがあり、今回で二度目です、

症状としては、肩からガクッと下に腕を下げていて、見かけは、肩関節の脱臼に見えます、

お母さんも、電話で肩が外れたと言ってきますが、子供の脱臼は基本的にありえないです、

それは関節そのものが不完全である為と、靭帯が柔らかく伸びやすいとの事からです、

今回の肘内障も実際は肘関節の脱臼ではなく、輪状靭帯という、靭帯から橈骨頭という骨の頭が抜けるのが実際です、

症状は先の肩関節から先を、だらっと下げている肢位と、手首を触ると痛みがでるのが特徴です、

肘の関節部を通る橈骨神経は手首まで伸びているので、手首を触るといたがるのです、

案外、肘関節部には痛みが無いのが多いです、そして一度抜ける子は小学校に上がるまでは、ちょくちょく抜けてしまう場合が多く、

小学校に入ってから抜けるのは、ごく稀となってきます、これは橈骨頭が成長して、大きくなり、

輪状靭帯から抜けれなくなる為です、これが成長なんです、城山接骨院では、以前、小学校6年生がこの症状で来院されたことがありました、

その時は、小学校の鉄棒で遊んでいて、急に肘が痛くなり、救急車で病院に運ばれたそうです、

レントゲンで検査すると、肘内障と診断され、全身麻酔で整復「関節を正常な位置に戻す動作」したが痛みは取れなかったとの事でした、

おばあさんの紹介で、城山接骨院に来られたのですが、6年生で抜ける事は100%に近いほど、無いので、半信半疑でしたが、

整復動作で「コッつ」と整復音「骨が正常位置に戻る時にでる音」がしました、その場で痛みが消失して、

ニコニコで帰られました、肘内障は夜間にもなり易いのですが、一番多い原因は、お母さんが子供の手を引っ張って抜いてしまう事が殆どです、

注意する事は、子供の手を引く時には、肘から持って引くことと、

赤ちゃんの時にハイハイをしっかりとした期間、させる事です、

このハイハイで肘に刺激が行って、肘が強くなるのです、

今は、ミルクでも何度も栄養の良いものばかりですから、赤ちゃんは一歳になる前に歩いてしまいます、

親は大喜びですが、子供にして見たら、大変な事です、

夜間でも何でも、何かあれば連絡下さいね、一晩おいてしまうと、お子さんがかわいそうですからね!(^^)!

コメント



認証コード9932

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional